/
/
/

お電話ください

0086-592-6157331
  • 製品名
  • キーワード
  • 製品モデル
  • 製品概要
  • 商品説明
  • 全文検索
現在地: ホーム » 製品 » 新製品 » SMMART WATER CONTRORLER自動散水装置
にシェア:

SMMART WATER CONTRORLER自動散水装置

数量:
  • XT-06.

XT-06自動散水装置 -

SMMART水管理者

自動散水装置

水の需要に応じて正確に水を

水はいつでもどこでもどこでもモバイルアプリをやります

2つのモード

水の容量による散水を制御する

時間で散水を制御します


灌漑をリサイクルする

循環灌漑

水の消費量によると

灌漑を循環させる

使用された時間に応じて


灌漑のタイミング

タイミングサイクル水

シングルは定期的に水


散水記録

月の消費と使用時間

単一の水の消費時間


1マシン多目的

さまざまなシナリオに適用されます

さまざまなシーンに適用するためにさまざまなスプリンクラーがあります


1ダース以上の簡単な機能

あなたの植物インテリジェントな散水ケアに


リモコンフロー制御リサイクル使用量

灌漑統計


いつでもあなたの庭を水にする

インタフェースモジュール化


フロー制御\"

水ができないインテリジェントなコントローラ

リットルで水。散水量の正確な制御、水廃棄物を減らします。


水の容量によって制御されます

CLLCK使用される水の量を設定するための散水能力、たとえばSET 10

散水のためのインテリジェントな水バルブをリットルと開きます。灌漑用水時

10リットルに達する。インテリジェントなウォーターバルブは自動的に閉じます。散水時間によって制御されます

水泳の時間をクリックして水泳時間を設定してください。たとえば、水泳時間を設定します

5分。水着のためにウォーターバルブを開き、自動的にインテリジェントを閉じる

灌漑時間が5分に達すると水の幅。


リサイクル灌漑


散水容量をクリックしてください

毎回の水の量、サイクル数とインターバル時間を入力します

毎回散水する。散水がオンになっているとき、灌漑システムは述べる

使用される水の量に応じた円形の灌漑命令。


灌漑のタイミング

開始時刻を設定します

水弁を開く時間を設定してください

タイミングコンテンツを設定します

散水能力:

散水量単一の散水を設定します

各水道量を設定します

灌漑調整倍数時間

→インターバル時間

散水時間:

※設定時間→シングル散水

毎回水泳時間を設定してください

インタランスにおける灌漑サイクル数

val

散水を設定します

散水の日数の散水を選択してください

日曜日に

保存 - 正常に作成する予定です


水の統計

毎月の散水統計

毎月の合計使用時間。

毎月の水の使用量を要約しました

水バルブを開く具体的な時間を記録してください

毎回使用される水の長さと量を記録します。


1.ゲートウェイの役割:ゲートウェイは2つのネットワークセグメントを使用して接続します。

異なる輸送プロトコルこの関数はデータを変換して変換することです

2つのネットワークセグメントで異なる送信プロトコルを使用する。

2.スマート自動散水装置は前にゲートウェイを装備する必要があります。

使用できますか?

A:はい、私たちの散水装置は、とは異なる無線信号プロトコルを使用します

WiFi、データ変換と送信のためのゲートウェイが必要です。

3. Appについて:Smart LifeまたはTuya Smart Appを使って検索、ダウンロードできます。

アプリストア。マニュアルにはQRコード構成があります。コードをスキャンできます

ダウンロードしてください。

4.さまざまな顧客のニーズを満たすために命令すると、私たちの会社はスマートを生み出します

3つのワイヤレスプロトコルSRF433 / ZigBee / Bluetoothを持つ散水装置。違う

プロトコルに対応するゲートウェイを装備する必要があります。


Xinyuは、高品質の配管製品を常に提供し、市場での顧客の要求に迅速に対応するよう努めています。以下のリンクからより多くの製品と会社情報を見つけてください。

クイックリンク

製品リスト

お問い合わせ

電話番号:0086-592-6157331
住所:No50、Fuyao Road、Xinglin、Xiamen、Fujian、中国
Eメール:Sales@xinyu-international.com
著作権  2019 Xiamen Xinyu 貿易株式会社著作権所有。テクノロジーLeadong.